会社の欠勤理由でおもしろいもの

20代
  • 「ペットの熱中症で病院に連れて行った」
  • 「テレビで見た占いで、今日は休む日だと言われた」
  • 「朝起きたら、枕元に「今日は休んでくれ」と書かれた紙があった」
  • 「仕事に行く途中で、道端で野良猫に餌をあげたら、いつの間にか家に連れ帰っていた」
  • 「仕事の資料を紛失してしまい、探すために休む」

これらの欠勤理由は、いずれも会社に提出するのは難しいかもしれませんが、笑いを誘うには十分でしょう。もちろん実際にあったかは不明です。

また、以下のような欠勤理由も、一見するとおもしろく思えるかもしれません。

  • 「風邪を引いたが、薬を飲んで寝たら治った」
  • 「体調が悪いが、病院に行くほどでもないので、様子を見る」
  • 「仕事が忙しくて、休む時間が取れないので、今日は休む」

しかし、これらの欠勤理由は、会社側からすると、あまり真剣に受け止めてもらえない可能性があります。

欠勤理由を提出する際には、会社側に伝わる内容を意識することが大切です。体調不良の場合は、具体的な症状や受診した病院などを記載しましょう。また、家族の介護や冠婚葬祭など、やむを得ない事情による欠勤の場合は、証明書などを添付するとよいでしょう。

なお、欠勤の回数や頻度が多くなると、会社側から注意を受ける可能性もあります。欠勤を避けるためにも、体調管理や仕事のスケジュール管理をしっかりと行うようにしましょう。

現在人は働きすぎかなと思われますので、有給を利用するのも良いかもしれませんね。

コメント