転職して年収が上がる人、下がる人の共通点

20代
本ページはプロモーションが含まれています

年収が上がる人の共通点

  • 前職で高いスキルや経験を積んでいる
  • 業界や職種の需要が高い
  • 転職先の企業の業績や給与水準が高い
  • 転職活動をしっかり準備している

年収が下がる人の共通点

  • 前職で低いスキルや経験しか積んでいない
  • 業界や職種の需要が低い
  • 転職先の企業の業績や給与水準が低い
  • 転職活動を十分に準備していない

具体的には、以下のケースが考えられます。

年収が上がるケース

  • 前職でエンジニアとして5年以上の経験を積み、転職先で大手IT企業に転職した場合、年収が大幅にアップする可能性があります。
  • 前職で営業として中小企業で働いていた人が、転職先で大手企業に転職した場合、役職や責任が増加することで、年収がアップする可能性があります。
  • 前職で英語力やTOEICスコアが高い人が、転職先で外資系企業に転職した場合、年収がアップする可能性があります。

年収が下がるケース

  • 前職で未経験の職種に転職した場合、前職の経験が活かせないため、年収が下がる可能性があります。
  • 前職でアルバイトや派遣社員として働いていた人が、転職先で正社員として働いた場合、前職の経験やスキルが評価されず、年収が下がる可能性があります。
  • 前職で勤続年数が短い人や、前職で評価が低かった人が、転職先で年収アップを狙うのは難しいでしょう。

転職で年収をアップさせるためには、前職で高いスキルや経験を積み、業界や職種の需要が高い企業に転職することが重要です。また、転職活動をしっかり準備して、自分のスキルや経験をアピールすることも大切です。

年収アップを狙っての転職で該当する項目があれば年収アップの転職も可能でしょう。しかし、年収が下がる項目に該当するのであれば、年収が下がる可能性があります。

経験豊富なエンジニアなら可能性は高いことになります。

今回紹介したいのは転職エージェントのUZUZです。ご興味のある転職希望者はご覧ください。

コメント